二重保育で3人の子育てを乗り切る母のつぶやき日記。Twitter:fuukagetsu


by kazehanatuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

HaapyBirthday.

b0145062_810692.jpg

私、また一つ年をとりました。。。

しかし、今年は、もうはっきり意思がわかる
つきちゃんも参戦して、楽しい1日に。

朝起きたら、リビングのテーブルにお手紙、というか
作文が。。御丁寧に、はなちゃんからで
一番下の欄には、〇歳だから、ひとつたすと〇歳。
一番上の欄にも〇歳のお誕生日おめでとう!と連発。。

少々、たま母にとっては、記念というか、ひとつの
区切りの誕生日。作文の中には、たくさんの感謝の
言葉があって、素直に嬉しかった。

本来、有休をとって、ゆっくりしたかったのに、
大事な企業のTOPへの面談が、どうしても、この日の
午前中とのことで、優先をして入れてしまったので、
午前は仕事。



会社に行き、仕事をして、大Bossと一緒に同行。
お昼には、会社に送り届けて・・・と思ったのに、
一緒に、お昼食べようと言われ、サラリーマンとしては
ご一緒すべきと、たま母が好きなお蕎麦(ちょっと
高め)のお店にお連れする。

大変、気にいったようで、また利用すると喜んでいた。
おいしいお店を知っていると、思われることは
営業冥利につきます。

そして、やっと、自分の時間。そうは、言っても
いろいろとやらなくてはならないことが多い。
はなちゃんの長そでも、枚数が少ないので、少し
買い足して、ついでに自分のお洋服も買い
家路へ。

後輩からも、素敵なプレゼントや、温かいメールを頂き、
本当にありがとうございます。たま母は幸せものです。

さまざまな用事をこなしながら、家に着くと、子供達の
お迎え。この日のために、はなちゃんを中心に企画が
沢山用意されていて、はなちゃんは興奮気味。

たま父は、残念ながら、仕事で、ケーキカットまで
間に合わなかったが、簡単につまめるものを
沢山用意して、お誕生日会スタート。

総合司会が、はなちゃんということで、シナリオをちゃんと
読んでくれていた。「この日をとても楽しみにしていて
待ちに待った日がやってきました。」というコメント、
嬉しいね。

たま母は、ふーちゃんの出産から、つきちゃんまで3人を
10年の間に産んできたので、とても感慨深い誕生日。

ふーちゃんも、学校で、自分の大事にしているオーロラの
折り紙で、お守りを作ってくれたんだと。(お道具箱に入れて
きてしまったと焦ってました)

小学校4年生の男の子でも、教室で、母のために折り紙。。。
その気持ちがとてもうれしくて、カードをもらった中にも
嬉しいコメントがいっぱい。

お誕生日プレゼントは、子供達がおこづかいを出しあって
たま父と選んだという「まくら」。たま母にリクエストを
もらった時に、一番長い時間を過ごせる「まくら」をリクエスト。
子供達も、とーってもうれしそうに、開封するのを見つめる。

かわいいピンクのまくら、今日から楽しませてもらうね。
b0145062_828354.jpg

お誕生日の歌も、かわいく歌ってもらい、
おいしいケーキを食べて、終わり。

たま父がいなくても、3人が祝ってくれたので、とてもにぎやかな
誕生日、母として、とてもうれしい誕生日となりました。
[PR]
by kazehanatuki | 2008-10-02 23:09 | kosodate